特攻天女の登場人物について

ここでは特攻天女に出てくるメインキャラクターの紹介をしようと思います。
思いっきり私的紹介ですので、愛が偏ってるかも…w

和泉 祥(14) 主人公。レディースチーム『夜桜会』の特攻隊長。バイクの乗れない彼女が特攻隊長に納まっているのは、総長の瑞希が祥をチームに留める理由が欲しかったから。喧嘩に強く、曲がったことが嫌いで強い信念を持っているが、色男にだけは滅法弱い。つい追いかけて住所などを聞き出そうとしてしまう。(が、いつも逃げられてしまう)
天野
瑞希(17)
『夜桜会』の総長。かつて愛した男が自分が原因で戦場へと旅立ってしまったことがきっかけで『夜桜会』を結成した。天野財閥の跡取り娘で実は大金持ち。祥以外には情け容赦がなく冷酷だが、祥のことになるととことん甘い。重すぎる過去の数々を背負う人物。
高村 大(17) 『関東暴走連合鬼面党』の党首。そのカリスマ性と絶対的な力で圧倒的な支持をうけ、関東のトップに立つ男。女にモテるが今まで誰一人として好きになった相手はいなかった。それがひょんなことから祥に惚れ惚れこみ、どんなに拒絶されても追いかけるようになる。瑞希・遊佐と共に過去に大きな過ちを犯している。
伊沢
吉成(17)
『鬼面党』の副党。中学時代高村と出会ったことで悪の道に引きずりこまれた。常に冷静沈着で唯一高村を制御出来る人間、かつ高村の最後の良心。アキラの正体に最初から気づいており、アキラのことが好きな気持ちをひたすらに押し隠している。…が、アキラに何かが起こると天気や空気さえ操ってみせる。また、過去に年上の女性と付き合った経験あり。
矢野 晶(16) 『鬼面党』の親衛隊長。実は女。高村に惚れこみ告白をするがふられる。それでもそばにいたいと願った彼女は、高校も、性別も捨てて女人禁制の鬼面党へと入り、実力で親衛隊長の座を勝ち取った。高村のためならば死をもいとわない覚悟のため、物語中盤で左目を失明する。実は女だということに気づいている人物は結構多いw
遊佐
明仁(18)
『鬼面党』特攻隊長であり高村の幼馴染。鬼面党結成当初からのメンバーだが、瑞希とその想い人との間に入れないことを知り、一度は失踪。戻ってきて再びアプローチを続ける一方でアキラの正体に気づきやがて惹かれるようになる。恋愛ごとに関する勘が鋭い。普段は駅前でたこやきを売る的屋のおにいちゃん。高村・瑞希と共に過去に大きな過ちを犯している。

こんなところでしょうか…他にも魅力的なキャラクターがいっぱいいますよ(*^^*)